2017/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


『知ったかぶり』ほど怖いものはない。

土曜は北翔の一年生指導→ユース練習見学

日曜は教育大の練習参加

週末の体験から一つの疑問が生まれた。

何が成長を促し、何が成長を抑制してしまうんだろうか?

一年生の練習は最高だった。

素直だからか、新鮮だからか。
コーチング一つ、声一つでぐんぐんみるみる上達する。

キャッチボールとスクープしかしない2時間半でがらりと変わる。

『今日楽しかった〜』
ただクロスを持つのが楽しいだけでなく、成長を実感して『もっとうまくなりたい』、『ノビシロがある』ことに気がつき、楽しかったのだろう。

ユース練の後、悩んだ表情を浮かべる選手が多いことに驚いた。

なぜ?

まだたった一年しかラクロスをしていない選手が、なぜ『今日楽しかった〜』と言えないんだろうか…

自分の個性がでてくる時期。
自分らしいプレーを心掛けたいのか、それとも『自分にできる範囲内』でプレーしたいのか。

練習中、気付いて新たに上達してそうな選手が少なかったな〜

物足りなさの残る練習見学となった。


コーチも反省しなくてはならんだろうね。

どうやって『気付かせるか』

これが手腕だと思う。

プレーヤーに関しては、自分に出来る範囲なんか毎回毎回ぶっ壊して欲しい。

その枠を大きくしていくのが練習。

知らないこと、出来ないことを、出来るようにする。

ただそれだけのことでしょ。

毎回の練習後、ノビシロを見つけたら迷わずこう言ってほしい。

『今日は楽しかった〜。明日もぶっ壊すすぞ〜』


自分もラクロス6年目。たかが6年目。

知ったかぶることをせず、自分の枠なんかぶっ壊したいな〜

練習受け入れてくれた、北翔、ユース、教育大、ありがとう。

ナイス刺激でした!


お久しぶりです。
最後にブログを書いてからもう2ヶ月以上経ってます。

それなのに毎日アクセスしてくれている人がいるということは、何かを期待してくださってると思って良いですかね〜
アクセスしてくれた人ありがとう。
また、ちょっとづつ更新していこうと思います。


昨日は後輩のNとたくさん喋っていろいろ気がついた。

「楽しむ」ってなんだろう…
「チーム」ってなんだろう…

いろいろ熱い話ができた。 
物事のどこに視点をおくのか、どのように切り取るかによって、大きく価値観は変わってくる。
安易な選び方をしたくないな〜
でも陥りやすい部分でもあるな〜
と思った。


昨日は後輩の成長を感じることができて、去年の取り組みが報われたような気がしてうれしかった。

あとはうれしい結果がでるようにやりきって欲しいです。


明日は試合。

張り切ってこう!


長々更新しませんでした。
毎日50〜多いときは100くらいアクセスがあったのに…

期待してくれた人すみません。

6月〜7月は今までのラクロスライフでとっても盛りだくさんで書きたいこともたくさんありました。

その中で気づいたことを少し紹介します。


その前にまず、名畑さんのブログ
「勝つのは当然だけど…」
こんな話があった。
失礼な話だよね。そんな勝負はねぇんだからさ。

そんなこと言わせている北大!
やりきって絶対勝て!

相手が経験が上だとしても、技術が上だとしても、勝負を分けてくるのは「気持ちを籠めて80分間やりきれるか否か」だと思う。

ただし、それは十分な準備をしているチーム同士の場合だ。

たいていの場合は試合の前にほぼ半分以上結果はでている。

「準備の差」

これが大きいんだ。

どれだけ平日やってるよ?
自信を持ってやりきって欲しい。
なにも遠慮はいらないんだよ。


さて、話は自分のことに戻そう。

バレに入って一番大きかったのは、引地さんと出会ったこと(もちろんそれ以外にもたくさんナイスなことはある)だと思ってる。

もらったアドバイスで

「自分にキャップをしたらだめだ」

というのがあった。
これには本当に大事な気づきをさせてもらった。

プレーするときに無意識のうちに、自分のプレーを多く制限していることに気づいた。

ロングは一試合に1点が相場だな。
とりあえず無難に守るか。
攻めないでフライする。
疲れてるから寄らない。

これらは自分が試合していて無意識にプレーを制限している言葉だ。
以前はこういう側面も含めていい選択をしたいと思ってた。

これ以外にもたくさん思い当たる。

そういった意味で今まで本当にやりきった試合など、自分の経験には無かったように思う。

やれることは全部出す。
考えていることはやってみる。
ミスったら全力で取り返せばいい。
自分がやりたいプレーができる範囲までフィジカルを上げる。

これに尽きる。

そういう意味でいうと、俺は今体力が無くて悔しい思いをしてきている。

もっとスタミナがあれば、関東のリーグでもあと2点は自分で取れるし、あと2点以上お膳立てできるし、もっと相手からボールを奪える。

その自信はリーグ2試合を戦ってだんだんついてきた。

9/7に紫軍団と試合がある。
絶対に負けたくない。

今のままでは俺は相手のLMFに勝てない。
中盤を支配できない。

だからやはりもっと平日いい準備をしていく。

それだけなんだと思う。


また北大の話に戻るけど、そういう意味で自分にしてしまった「キャップ」外してみなよ、中坂。
はっきり言って、君らの2個上の先輩よりもうまいからさ。
この前、陸グラでキャッチボールして、後輩に教えてるの見て思った。
いいオーラがでてきている。
あとは試合で本当にやりきって、勝って、強い選手になれたらいいね。

平日練習いけないけど、夜走ってあげてます。


バレンティア
1勝1敗
クリパラ
得点1

やろう!


今週からしっかりトレーニングをし始めた。

学生とは言えどやることがたくさんあるので、時間の割き方、モチベーションの上げ方を意識してる。

朝練いければいいんだけど、なかなかいけない。
そこで走ったり、コアトレしたり、壁あてしたりするようになった。

中坂とちょっと喋ったけど、あいつすごい練習してる。
今のままじゃ、俺は試合であいつに勝っても素直に喜べないと思うし、負けても悔しがれない。

だから、俺は自分にできる範囲でしっかりトレーニングをしたい。

ここからが本当の勝負だと思う。


週末、東京に行きます。
日曜は国際親善試合 VS関東選抜

2010年ワールドカップを目指す日本代表の予備軍だ。

今週練習できてるし、カラダはかなり動く。

アピールと自分の位置を確認してきます。



雨のモエレ沼公園でやってた春のリーグを観戦してきた。
今日はちょっと感想じゃ!

まず北翔VS北星。
ライバル対決の結果は15-4くらいで北翔。
差が開いたな〜
北翔は個性が出てきてて面白くなりそう。
特に学がパスさばけるようになって怖くなってきたな〜
2年生もたくさん出てたし、がんばってくれよ!

一方、北星は・・・
個人プレーの足し算、のみ・・・って感じかな。
コミニュケーションが取れてないのか、意図がつながったプレーが見れなかったな〜
せっかく人数も増えてきたんだから、練習では、「複数人で、あるシーンを崩す/
守る」よなことを意識したらどうでしょうかね?

次は、北大vsスペトラ
4−8でSTS・・・うーん。説教満載ですな。
これが北海道のトップレベルの試合だとしたら本当に情けない。

両チーム通じて、とってもとっても「消極的な」ゲームだったように思う。
正直見ていてつまんなかった(一生懸命プレーしてる人に向かってこういうこというのは失礼だけど・・・)

これは俺の持論だけど、「ラクロスは点を取ってなんぼ」だと思う。
よく言うけど、OFが確実に有利だよね。

今日のこのロースコアは、「今の北海道のOFレベルが、北海道のDFレベル(知識的な部分)に劣っている」ことを示していると思う。

だからある程度ちゃんとスライドとかやるだけで、点が取れない。

だからこそ、もっとぶっ壊すにはどうしたらいいか考えなきゃいけないんだよね。
もっと攻撃的にプレーしないと!
自分をマークしているDFが「何を考えてるのか」、「何をしたら嫌がるのか」、「何をしたらタスクを減らしていけるのか」・・・

もっと相手をじろじろ見てごらんよ!

そういう意味で今日は北大は上原がよかったかな。
いい点の取り方だったね〜
欲を言えば相手が対応できるまで、あの形を起点にして点取れたんじゃないか?

弱点をもっと徹底的についていかないと!


今日はいろんな意味でイライラする試合だったな〜

俺もそろそろしっかりトレーニングを開始しよう。



土曜日、VALENTIAの練習に参加して、入団することをチームの皆さんに伝えてきました。
北海道からはるばる来た俺を、すんなりチームに受け入れてくれてすごく嬉しかったです。

予定では、日曜日にはファルコンズと練習試合があるとのことだったんだが、あいにくの雨で中止となりました。

残念!

今日は土曜日の練習に感じたことを書きますかね。


①東京でも札幌でもラクロスはラクロスであるってことがわかった。
珍しく緊張して練習に入ったんだけど、特別なことはなにもなかったということ。

意識しなきゃいけないポイントはどこにいても共通だし、うまくなりたいのなら練習しなくてはならない。

②通用するプレーと発展段階のプレーがはっきりわかった。
このことが一番大きな収穫だった。
北大でプレーしてると曖昧になってしまってた部分を、強く再意識できるようになったし、自分の得意なプレーや武器は、これからも武器になりうるということを自覚できた。
すごくラッキーだった!

③ラクロスは友達を作れる!
今年のVALENTIA新加入選手は前から知っている選手が多かったし、他にもラクロス好きなやつと友達になれそう!
ラクロスやってて一番おもしろいのは友達が増えることだと思うので、幸せです。


でも、楽しいことばかりだけではないことも覚悟しなければと認識しました。

それは、俺がバレの練習に参加するたびに、迷惑をかけてしまう人も存在する!ということ。

それは、お金の負担をしてくださる、両親だったり、バレの皆さんだったり。
土日に研究室を開けてしまうこと。
バイトをがっつりしなきゃいけないこと。


おれは自分がしたいラクロスをやるだけなのだが、そのことで周りに悪影響を与えてしまうということもあり得る、ということなのだ。

誰かのお世話になっている以上、自分のためだけにプレーすることは不可能なんだな。


俺はやっぱりお世話になった人に貢献したい。


なんで目標変更します。

①バレを優勝させます。
②①を可能にする選手になります。
③親孝行をします(勉強ちゃんとします)
④北海道のみんなに還元します。


やりきります!


詳しく話を聞いてくれる人は今度酒飲もう!



ひさしぶりにエアドゥのホームページ。
学生割引を予約した。
本当に久しぶりだな〜

今週末、ラクロスをしに東京にいく!

前は半ば強制力のある移動だったので、本音を言えばネガティブな感情も少なからずあった。

ただ、今回は違う!

俺が俺のためだけに、やりたいラクロスをやるためだけに、行く!

本当に楽しみすぎる。

しかも、土曜日練習で、日曜日は、な、なんと!

ファル○ンズとの練習試合があるというではないか!

ラ、ラララ、ラッキーすぎる!

今年のファルは強い。

ニッタイ勢、japanのビックネーム、U21の同期らが繰り出すラクロスはまさに新世代のラクロス。
間違いなく日本でトップレベルの選手が集まったチーム。


自分がどの位置にいるのか試すチャンス!


やってきます。





名畑さんのブログをみて、ちょっと補足したくなりました。

北海道だと、社会人になるとラクロス好きじゃいけないみたいな空気ってあるように思う。
本当は4年くらいたつと好きで好きでしょうがないのだけれど、周りの空気を読んでしまうのだろうか・・・
シャイだな〜

おれは断固こう言えます。

ラクロス愛してます!
もっとうまくなりたいです!

以上


ほら言っちゃいなよ、そこのあなた!


そう言ってくれるように選手を育成したいし、プレーでは思いっきり楽しんでやりたいです。

やるよ、おれは!

psだが、康太、なかさか、元気すまん!
ゼミの準備が終わらんから明日無理・・・(泣)
そのかわり夜フットサルでコンディション上げていくんで!


今後の北海道ラクロス(男子)についてどれだけのひとが、真剣に考えているんだろうか・・・

事務局の人や、関係のあるプロジェクトに参加してる人ががんばってくれているのは言うまでもないことだけど。

今日の話題は、おれが参加してる強化部に関して。

俺が入部する2004年までのことはよくわからないけど、その2,3年くらいまえから強化部は活動していて、
その仕事は俺が2年生のとき、タフ、浜井、せっち、おかでんが入るまでは、名畑さん一人が全てやっていたことだった。
今の次長や、前次長は実は最初のメンバーではなかったのが不思議!

それまで名畑さんが一人でユースのコーチはもちろん、いろんな大学に出向いて、ラクロスを広めながら上手くなりそうな選手を開発していった(のかな)


時は流れて、現在。
強化部の人材がとても不足している。

俺の責任もあるな〜と最近思う。
いろいろ経験がある俺みたいなのがいると、受身になって自分で何かを起こすような気持ちを起こせなくなってしまったんだろうな。


人材で言えば、札幌に残ってラクロスを続けていく社会人の選手たちが、
北海道のラクロスを、ポジティブにするような気持ち、アクションが少ないように思う。
てかあるんか?

同じことを5年も10年も繰り返す。
学生は新しいものを求めていて、そこに同居させてもらってるのにもかかわらず変化をしない。

主体性がない。受身。
まあそれは社会人にかぎったことではないけど。

ただある環境に満足してはいないだろうか?
じぶんが“遊ぶ”場所を待っていれば与えられると思っているのだろうか?

大人であれば、自分の遊び場は自分でなんとかしたいものじゃないのかな〜

北海道のラクロスを支えていくのはやっぱり、北海道人であってほしいとおもうから。
ラクロスがしっかり根付いていくことを、離れてしまうじぶんは願うしか無いのか…

アグな若手が危機感を持って、乗り越えて欲しい。


*
今日U-22選抜のミーティングをした。
2時間半にわたるミーティングでへとへとになったけど、若い選手たちのいい反応を見ることができた。
個人的には大きな収穫があったミーティングになった。

願わくば、今回の選手の中から北海道ラクロスを盛り上げてくれるような新たな人材を発掘したいし、
そういう人材がでてくれるようなチームをつくっていきたいな。


まずはいろんな選手としゃっべって見ようとおもう。

いまから来週が楽しみ!



おーわーり




 


まだ書いてなかったな〜

2008年のkuriparaのラクロスの目標。


①VALENTIA
まだ現実に練習に入ってないし、実現するかは不明だけど、もう決めた!
再来週ぶっこむ予定!

いままで自分ができたプレイがどこまで通用するか、純粋に試したい。

自分の好きなプレースタイルを強く意識できるようになったから、今までのロングスティックのプレーヤーができなかったことをやっていきたい。

たくさんのゴールシーンと、ボール奪取シーンを作れる選手になりたい。

②北海度選抜のコーチをする。
国際親善試合が六月末にあって、そこで戦うチームのコーチをやることになった。

それも男女両方。

なかなか無理な話だけど、今の北海道ラクロスの良くも悪くも境界線の緩い状態でならできるチャレンジだと思う。

自分のエゴになっちゃう部分も大きいんだけど、北海道ラクロスに残せることは残しておきたいなという願いで、挑戦させてもらうことになった。

チャンスをくれた、まるさんけだまんにお礼を言いたい。

選手たちには、たくさんゴールが生まれるような試合をして、もっともっとラクロス楽しんでもらいたい。

そして北海道ラクロスを盛り上げていってほしい。

*
とまあ2008年もまた、ぶっこんでいく予定であります。



5/10にまたSTSと北大の練習試合がある。

今回はショートで出させてもらっていいですかね?

ランニングとスティックスキル向上を目標にやります!